本文へスキップ

いつも健康でいたい方のために超ミネラル水(神源水)がお勧めです。是非一度超ミネラル水(神源水)をお試しください。

電話でのお問い合わせは0120-20-7052

メールでのお問い合わせはこちら

超ミネラル水の(健康維持)への応用


植物同様に人体にも多くの酵素が存在しており、体内で行われる無数の代謝において、重要な役割を果たしています。
人体は約60兆の細胞からなりたっていますが、その細胞のひとつひとつの中に約5,000種類の酵素が常に機能していると考えられています。
そのうちの約半数の酵素活性にはミネラルが必要であることが判っています。

残り半数の酵素のうち、極一部のものは活性化にミネラルを必要としないことが判っていますが、大部分活性化にミネラルが必要なのか不必要なのか依然未解明な状態です。
(分析技術が今以上に進歩し、更に微量な物質の働きが詳細に分析できるようになれば、未解明である大部分の酵素活性にミネラルが必要であることが判明するものと予想されます。)

その活性化にミネラルを必要とする酵素のうち、あるものはミネラルを活性中心として内臓しているし、他のあるものは、内臓はしていないが、その周囲でミネラルの存在を必要としています。前者がいわゆる金属元素と呼ばれるものです。
多くのミネラルを含む硫酸抽出ミネラル溶液(超ミネラル水)は、これらの酵素の働きを活性化し、体内の代謝を正常化する働きがあります。

金属酵素の中には抗酸化酸素も多く含まれ、体内で余分に発生する活性酸素の毒性を消していく大切な作用をしています。活性酸素は反応性の非常に高い酸素で、体内に侵入した細菌などを退治する際に必要なものですが、余分に発生すると体内の正常な細胞までも傷つけ、老化を早めたり、ガンを始めとした生活習慣病を誘発したりします。

余分な活性酸素は、精神的ストレスを感じたとき、過度の運動や労働をしたとき、食事をしたとき、紫外線を浴びたとき、タバコを吸ったとき、などに発生します。つまり、普通に生活していても必ず発生してくるものです。
このとき、多くのミネラルを十分に補給していれば、抗酸化酸素がスムーズに反応し、余分に発生した活性酸素を順次無毒化していってくれ、老化の予防ににはつながるし、生活習慣病も予防できることになります。

また、この硫酸抽出ミネラル溶液(超ミネラル水)は、チタン、バナジウムを多むことを特徴としていますが、チタンもバナジウムも、私たちの身体に摂取されても害がない代わりに効果もないと考えられてきました。ところが、水に溶けて身体に吸収されると、他の様々なミネラルの代用をし、種々の金属酵素の活性を高めている可能性を指摘されています。

以上のことより、硫酸抽出ミネラル溶液(超ミネラル水)原液を10,000倍(100PPM)に薄めて飲用もしくは外用することにより、体内の酵素活性を高めることができ、健康維持や美容に役立つとともに、病気の治療にも応用できる可能性があります。

硫酸抽出ミネラル溶液(超ミネラル水)の濃度を2%にすることにより、大腸菌、大腸菌O-157を5分以内に不活性化し、黄色ブドウ球菌に対しては60分以内に不活性化できることがわかっています。