本文へスキップ

いつも健康でいたい方のために超ミネラル水(神源水)がお勧めです。是非一度超ミネラル水(神源水)をお試しください。

電話でのお問い合わせは0120-20-7052

メールでのお問い合わせはこちら

ミネラルって何?

ミネラルとは、ビタミンと同様で人間が生きていくうえで必要な『5大栄養素』の栄養素の1つで、糖質(炭水化物)・タンパク質・脂質・ビタミンと並ぶ栄養素で微量ではあるがなくてはならない『微量必須栄養素』です。

人間の体の約96,6%は、炭素・窒素・水素・酸素の4元素で構成されていますが、残りがミネラル(無機質)で構成されております。

私たちの身体を構成する細胞も多種類のミネラルで構成され、代謝活動でもミネラルは中心的な働きをしています。

人間の体の約96,6%は、炭素・窒素・水素・酸素の4元素で構成されていますが、残りがミネラル(無機質)で構成されております。私たちの身体を構成する細胞も多種類のミネラルで構成され、代謝活動でも中心的な働きをしています。


ミネラル全体では、100種類以上あるとされていますが、人間の体内には、おおよそ29種類のミネラルが必要と言われ、中でも特に不可欠な7種類のミネラルを『生命維持必須ミネラル』と呼び、残りの15種類を『微量必須ミネラル』を呼びます。
また、世間一般では16種類の必須ミネラルとされています。
またそのうち、13種類が厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」において、健康の維持・増進、生活習慣病予防を目的に摂取量の基準が示されています。




ミネラルとは体内で調節する大切な成分

ミネラルの重要な働きとして、体液量のアルカリ、酸性度の(PH)の調整、筋肉や神経の働きの調節など色々な体の働きにも重要で欠かせないのです。また、ビタミン同様に『3大栄養素』の代謝や細胞の形成にも深く関わっています。



ミネラル(金属元素)の役割

ミネラルは、鉱物あるいは無機物とも言われ、有機物の構成物である水素(H)、酸素(O)、(窒素(N)、炭素(C)を除いた全ての元素のことをいいます。
ただし、人間の身体の有用な無機物のことをミネラルといい、人間の身体に対し有害な無機物はミネラルには含めません。

又身体に有用なミネラルのうち、体重1グラムあたり1〜100マイクログラム(100万分の1グラム)の割合で存在するミネラルを「微量ミネラル」と呼び、更にそれ以上の割合(体重1グラムあたり1000ナノグラム(10億分の1グラム)以下)で存在するミネラルを「超微量ミネラル」と呼びます。

さて、人間を含めた生物の二大特徴は「自己複製」と「物質交代」です。
この二つの特徴を備えていれば、生物とみなされます。
そして、その生物の二大特徴のどちらもミネラルは関係していますが、特に「物質交代」に重要な役割を果たしています。

先ず、物質交代の際に中心的な役割を果たすのが、酵素なのです。
生命維持に欠くことのできない、酸化、還元、加水分解などの反応は酵素によって行われます。
特に、この酵素の活性が低下すると、同じ化学反応を起すのに10の9乗から20乗倍も反応時間がかかると言われています。
つまり、酵素活性があれば、1分で完了してしまう反応が、その酵素が不活化してしまうと、最低でも10億分(約1900年)もかかってしまい、結果としてその反応は起こらないと同じになってしまうのです。

そして、その活性に金属(ミネラル)を必要とする酵素が半数以上なのです。

酵素を安定させて酵素の活動中心となり重要な働きをするのが「ミネラル」です。


ミネラルの存在が生命にとって如何に大事かおわかり頂けると思います。
又、その他にも生命維持に不可欠な、ヘモグロビンなどの酸素運搬、神経伝達、筋肉の収縮などにもミネラルは重要な役割を果たしています。
つまり、ミネラルは生命力(自然治癒力)の要(かなめ)なのです。
ミネラルの働き

超ミネラル水のご購入はこちらへ