本文へスキップ

いつも健康でいたい方のために超ミネラル水(神源水)がお勧めです。是非一度超ミネラル水(神源水)をお試しください。

電話でのお問い合わせは0120-20-7052

メールでのお問い合わせはこちら

ノーベル賞博士が、説く、ミネラルの重要性!!


ノーベル賞を二度受賞したライナス・ポーリング博士は「全ての病態、全ての病気、全ての病弊を追及すると、ミネラル欠乏にいきつく」と話しました。


病気はミネラル不足から
(2度ノーベル賞受賞ライナスボリング博士)

私たちの身体はミネラルで出来ておりミネラルで動いています
つまりミネラルこそ他の何よりも重要です。
従ってミネラル不足によりほとんどの病気に陥ります。 

理屈を述べる人にあなたは何故立てますかとお聞きすることにしています。
それは骨があるからです。骨がなければ、立つことは出来ません。 

そしてその骨はCa(カルシウム)とP(リン)つまりミネラルで出来ています。
又細胞もMg(マグネシウム)とCa(カルシウム)33:10で出来ています。
そして又それぞれの臓器も又ミネラルによって働いています、

例えば心臓はNa(ナトリウム)とK(カリウム)で2ボルトの電気を起こして動き
脳はLi(リチウム)とAl(アルミ)で思考したり想像したりして働き、
腎臓はNa(ナトリウム)とP(リン)で血液を濾過する働きをします
このようにいかにミネラルが大切かと言うことです。

又ビタミンも酵素もミネラルがなければ働けません。 
これらミネラルの重要さをアメリカでは1977年に発表されたマクガバンレポートにより
「ミネラルの世界的渇望が、人類の病気の原因である」
と発表され、世界の保健医療業界は激震しましたが、日本の対策は遅々として進んでいません



ミネラルを現す2つの有名な言葉

「ごく少量にもかかわらず、ミネラルがないと我々は病気になり、苦しみ、命を縮めることになる」 〈アメリカ上院264号〉

「全ての病態、全ての病弊、全ての病気を追求するとミネラル欠乏に、たどり着く」

〈ライナスポーリング(生化学者)2度のノーベル賞受賞者〉

私たちの生命維持は自分の意志でコントロール出来ず、体内のわずか4%、70種類のミネラルに完全に支配されています。

例えば下記臓器のトラブルは銘記のミネラル不足により大きな影響を受けることとなります。

脳のトラブル LiとAl、
(酸化アルミでアルツフアイマーへ)

心臓のトラブル NaとK(ナトリウムとカリウム)
(2つのミネラルで2ボルトの電気を起こす)

腎臓のトラブル  NaとP
(塩つまり酸化ナトリウムでトラブル)

肝臓のトラブル Cu(銅)
(解毒作用が不可へ)
 
膵臓のトラブル VnとCr(バナジウムとクロム)             
(油や澱粉が分解できずに糖尿病へ)

性殖器のトラブル ZnとMn (亜鉛 マンガン)
(缶コーヒーの内側をコーティングしている酸化Znで不妊症へ)